TUYOSHI TANE Archaeology of the Future

昨日東京でいつもの講習会の後、東京オペラシティー アートギャラリーにて開催されていた「田根 剛 未来の記憶」に行ってきました。

建築家 田根さんの「記憶を発掘し、掘り下げて飛躍させる」手法とそこから生み出された代表作や最新プロジェクトの展示や「search &reserch」と題した建築における思考と考察のプロセスを可視化した展示があり、大変見応えがありました。

「建築家」と「ヘアースタイリスト」、以前から合い通じる所が沢山有ると思っていましたが、アイデアの発想や着想等、参考になる事ばかりで有意義な時間を過ごす事が出来ました。

 

 

それと最後の展示の壁にこんな文が…

数々の挑戦

完成も未完も勝利も敗北も、挑戦を続けていなければ、いまはなかった。

そのひとつひとつの先に、いつも未来が開かれていった。

 

今の僕にタイムリーに響きました。

 

 

コメントは受け付けていません。